2010年01月10日

2010-01-10

今年も恒例、相方との戎参りに行って参りました(もれなくうちの旦那&子供たち付き)。商売繁盛?を祈って福笹を一本、それに巫女さんが律儀に赤子の次郎も入れた人数分の福餅をくれて、それだけでいい気分。父ちゃんは念願の屋台でたこ焼きとおでんを買い込んだものの、ほとんど太郎に取られて早くも来年へのリベンジを誓っておりました。騒々しかったですが、戎さま、今年もどうぞよろしくお願いいたします〜。

そしてその後、相方が子供たちにくれたお年玉ならぬお年絵本がとてもツボだったのでご紹介。

どうぐ (かがくのえほん)

まるさんかくぞう

「どうぐ」はまだちょっとマニアっくすぎて、子供たちには難しいようでしたが(どちらかというと母好み)、「まるさんかくしかく」は大盛況。毎日ぼうしぼうしぞう〜言ってます。ありがたし。

posted by Y.F.kapok at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/184371901

この記事へのトラックバック