2009年08月13日

最近の日課次郎が破いた絵本の修繕作業。

躊躇なくやってくれるからすごい。

私は小さい頃は、破る方ではなく落書き派だったらしく

当時の絵本は意味不明な線でいっぱい。

この絵本もこどものこどもぐらいまで

取っておけたらいいんだけどなあ。

posted by Y.F.kapok at 16:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/184371891

この記事へのトラックバック